calendar

<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

 

リボルバー10弾『今回も踊ります!激しいです。』(鳥居沙菜)

 こんにちは。
 リボルバー稽古場日記に記念すべき第10弾目を放ちます、役者の鳥居沙菜です。私は今回初めて社会人として公演に参加しております。会社で働きながら芝居を打つのはとんでもなく忙しく、自分でも驚きの生活を送っておりますが、その充実っぷりったらすごいです。こりゃびっくり!

 さて、そんな日々を送っているトリイですが、今日は劇中ダンスについてのお話を致します。

 私は今回7回目の公演になる『リボルバー』まで全ての公演に役者で参加しているのですが(すごいね)、それと共に全公演のダンスの振付をしております。今ではtheatre project BRIDGEの公演にはダンスがあるのは当たり前になっているのがとても嬉しいです。
 
 今回のダンス曲は2曲あります。
 ここで大発表しちゃいますが、1曲は今までの公演で踊ったダンスです!!振付もほぼ同じ。私も大好きな曲なのですが、役者の中でもこのダンスに対する評価が高く、楽しみながら練習しています。今回が初ダンスになる役者たちも「前回作を越えてやる!」と意気込んでおります。今の段階でもなかなか見応えがあります。本番まで踊りながらも個性を出せるよう練習に励みます。
 もうひとつの曲は大勢で踊るダンスです。
 これ実は非常に難しいんです。私はいつも振付を考えるときは、曲を聞き込んだり芝居の流れを汲み取ってそのイメージを振りに置き換えていきますが、この曲に関しては今回の芝居自体が微妙な気持ちの動きをとても大切にしているので、ダンスもその気持ちを大切に受け継がねばならなく、苦心しております。
 ですがやはりダンスは楽しいです。私は役者への振り移しの際に擬態語や擬声語ばかりで伝えちゃうのですが、みんなはその微妙な擬音のニュアンスを汲んで踊っています。(「ウ〜シャッっとかいう感じで。」みたいな伝え方です。役者のみなさん、汲み取ってくれてありがとう!)客観的に見ると、ダンス練習の風景は何をやってるのか不思議に思われるかも知れません。

 最近ではみんなのダンスが生き生きしてきています。劇中ダンスは芝居のスパイス的存在ですが、こちらも見所の一つと楽しみにして頂きたいです。

 ポイントは役者達の瞳です!!(と、役者にも自分にもプレッシャーをかけてみる)
 お楽しみに★




(c) 2005,11,16, Wednesday 02:11 PM | comments (0) | trackback (2)
コメントはありません。
| | URL | | | |










http://t-p-b.com/blogn192/blogn/tb.php?144

http://t-p-b.sakura.ne.jp/blognray/blogn/?eid=260

 寒くなってきましたね。日曜日に今シーズン初めてマフラーを巻きました。  突然ですが最近よくサザンを聴きます。「サザンと言えば“夏”」なんですが、よくよく聴いてみると、サザンの歌にはどこか過ぎ去った過去を思い出している主人公や、具体的に夏のことでなく
| 〜Central Perk〜 | 2005/11/16 02:50 PM |

11月第2週の稽古について

寒くなってまいりましたね。でも電車が暑いので、着るものに困ります。12月に入るまで、部屋の暖房は使わないことに決めました。あと、なるべくコートも着ません。理由は、なんとなくです。負けずぎらいなんで[:グッド:]さて、今回の稽古場日記は、BRIDGEのダ
| ひじきじゃあるまいし | 2005/11/16 09:07 PM |
PAGE TOP |  

clock